VIO脱毛の回数について

フラッシュ脱毛の普及と店舗の増加に伴い、美容サロンでデリケートゾーンのVIO脱毛を行う女性が増えてきています。

施術は大体何回?

VIOラインのムダ毛がなくなると、生理時の経血やおりものや汗によるムレや肌荒れや不快感などが解消されて衛生的に快適に過ごすことができるようになります。

煩わしいムダ毛の自己処理からも解放されて様々なデザインの下着や水着を楽しむことができるようにもなります。
ムダ毛には2~3ヶ月程度の生え変わりのサイクルというものがあり、それを毛周期といいます。フラッシュ脱毛は、その毛周期に合わせてサロンに通いお手入れの回数を重ねていくことでムダ毛を徐々に減らしていくという施術方法です。

お手入れの回数については個人差がありますが、平均してだいたい10~12回程度が目安となります。Vラインは比較的早めに効果が出ますが、IラインとOラインは効果が出にくいという特徴があります。

人によっては長期戦となることもありますが、回数を重ねれば重ねるほど確実に効果があらわれますので気長に続けてみましょう。
施術はほぼ無痛で受けることができますし、肌や毛穴への刺激もないので敏感肌の人なども安心して快適にムダ毛のお手入れができます。

初めてはびっくりする?!VIO脱毛の痛み

今や脱毛サロンは女性であれば通っている人も多いかと思います。
初めての時にはカウンセリングで、「施術中は輪ゴムでパチンとはじかれるような痛みがします」と、説明をされたりするサロンが多いかと思います。

個人差はあれど、確かに痛いが我慢ができるという人から、中にはほとんど刺激を感じない人もいます。なぜ個人差があるのか?これは人によって毛の太さが違うからです。毛が濃く太い方がより強く痛みを感じます。そして、誰もが毛が濃く太い部位があります。それがVIOです。

忍耐力が必要!?

サロンスタッフさんの話によると、VIOは、その刺激に耐えられずに「イテッ」と声が出てしまったりだとか、「いったん止めてください!」と受診者からストップがかかり、休み休みやることも多いそうです。
他の部位の施術を受けたことがある人でも、痛みの度合いが桁違いに違うので、その差にびっくりしてしまうそうです。

初めに施術中の表現を、「輪ゴムでパチン」と書きましたが、VIOは例えるならば、それプラス「チクッ」と何かに刺されたような感覚があると言っても過言ではありません。

ただし、通う回数を重ねれば、だんだんと脱毛効果で毛の量が減り、徐々に刺激も軽減していきます。VIO脱毛でキレイな身体を手に入れるためには、忍耐力も必要かもしれません。

VIO脱毛には前処理が必要です

デリケートゾーンであるVIO脱毛に関しては、実際に施術をする前に自分で前処理をしていく必要があります。
Vラインについては、自分の好きな形に整えることが出来ますので、最終的に残したい部分だけを残して形を決めていく必要があります。

ただ、一回の処理で全ての毛がなくなるわけではないので、最初の数回は全部の毛を処理される方が多く、その後に形を整えていくという流れが主流です。
最近ではハイジニーナというアンダーヘアをすべてなくすという脱毛も流行っているので、その場合は最初から最後まですべての毛を処理していけば問題ありません。

さいごに

IOについては、最終的にすべてなくしてしまいたいという方が多いです。
Iラインについては、最初から最後まですべて毛を処理していきますが、O周りについては自分ではなかなか見えない箇所なので自己処理が難しいため、サロンやクリニック側でシェーバーにて処理をしてくれるところが多いです。

VIOすべてサロン側で処理をしてくれるところもありますが、中には前処理をしていかないと施術を断わられるところもありますので必ず最初のカウンセリングで必ず確認するようにしてください。
Vラインの形についてもどういうものがあるのかを提示してくれるところが多いですので、それを見て決めていきましょう。